会社設立ガイド

格安で会社設立する方法

会社設立にかかる費用としてはTOPページ記載の通り

定款認証代(公証役場)52,000円
定款印紙代(公証役場)40,000円
登録免許税印紙代(法務局)150,000円

 

合計 242,000円+実費等

 

以上の費用が発生することになります。

 

この費用は法律で決まっている費用なのですが、
この費用を削減する方法があります。

 

それは、専門家に部分外注するという方法です。

 

何故専門家に頼んだ方が安くなるのか?

 

会社設立を行政書士等の専門家に依頼すると
通常は専門家への支払い手数料が発生するため
高くなるのではないか?と考えると思います。

 

ただし、会社設立を専門に行っている人の場合
電子定款というシステムを保有しているケースが多いです。
この電子定款を使えば、上記の内定款印紙代の4万円が不要になります。

 

この電子定款のシステムは導入するのに、数万円とかなりの期間と
特殊オペレーションを要するため個人で導入するのは現実的では
ありません。

 

つまり、

 

「外注費マイナス4万円」で元が取れる価格の専門家

 

であれば依頼した方が得ということになります。
自分で書類を作る手間暇や間違えるリスク等を考えると
5〜6万円の手数料を払っても元が取れるということになります。

 

現在では、書類提出は自分で行うかわりに電子処理と書類作成・事前調整を
代行してくれる専門家はたくさんいます。

 

知らずに自分で頑張って手続きをして損をしないよう
是非専門家を探してみてください。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

スポンサードリンク