会社設立ガイド

取締役の任期を決める

役員にはそれぞれ任期というものが存在します。
原則取締役は2年、監査役は4年となっていますが、
10年まで任期を延ばすように定めることが可能となっています。

 

任期を長くするとどうなるかというと

任期ごとの登記費用が削減できる
登記に関する手間を削減できる
役員を簡単に任期満了で辞めさせることができなくなる

 

こういったメリット・デメリットがあるというものになります。

 

第三者が積極的に役員になる会社であれば短めに、
身内だけのオーナー会社であるのであれば長めに
設定しておくのが良いかもしれません。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

スポンサードリンク