会社設立ガイド

本店所在地を決める

会社を設立するにあたって本店所在地についても
事前に決める必要があります。

 

よく「東京都中央区」等、途中までしか書かない人を
見るのですが

 

会社の定款には「東京都中央区」と最小行政区画までで良い

 

会社の登記申請書には「○丁目○番○号」と番地まで

書く必要がある。

 

という違いがあります。
どちらにせよ、会社を設立するには最後には住所が完全に決まっていないと
いけないということです。

 

※定款とは会社の運営に関する重要事項を書いた書類で
 あり、この定款の認証を公証役場と呼ばれる役所で受けることになります。

 

 

まだ事務所が決まってない場合はどうすればいいの?

 

会社を設立する時点では、まだ会社の本店となる事務所が決まっていない
場合も多いと思います。でも、会社形態は先に作っておきたい、
でも、住所がないと作れない・・。

 

このようなときは、自宅で登記するというケースが多いです。
一旦自宅で登記をして、事務所を借りたときに事務所は営業所として
使用すれば事務所の登記は必要ありません。
また、しばらくして事業が軌道に乗ったら本店を移転するという
方法があります。

 

本店移転は費用がかかってしまう話になりますので
気軽にはできませんが、このような方法もあるということで
お考えください。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

スポンサードリンク