会社設立ガイド

資本金を決める

株式会社の場合には資本金と株式の設定を
行う必要があります。

 

発起人の項目でも各発起人ごとにいくら出資するのかを
決めなくてはいけませんが
全体として、

資本金はいくらにするのか
1株あたり単位はいくらにするのか
発行可能株式総数(資本金の上限)はいくらにするのか

これらを決定する必要があります。

 

資本金はいくらが良いのか

資本金は、会社の運転資金となるお金になります。
資本金1円でも会社は設立することができますが、
売上が入ってこないと即債務超過という話になってしまいます。
使ってはいけない費用ではなく、運転資金として使えますし、そこから
給料を支払うこともできるのである程度の金額は用意できるのであれば
しておいた方が良いです。

 

また、資本金が1000万円を超えると税金が高くなる、
消費税免税を受けられなくなる等の問題がありますので
小規模の会社の場合1000万円未満としておくことを
おすすめいたします。

 

1株あたり金額とは

1株あたり金額では1万円、5万円、10万円程度とする
ケースが多いです。現在は株券自体を発行するわけではないため
形式的な単位となりますのであまり気にする必要はありません。

 

発行可能株式総数とは

会社の謄本に発行可能株式等数というのが
掲載されます。その株式数までは資本金を増やすことが
できますという数値になります。
その上限を超える場合は定款を変更する必要があります。

 

上限であって、実際の数値との関連性はありません。
近いうちに増資する予定があれば加味した方がいいですが
そうでなければ1000万円・5000万円等適当な金額で
問題ないかと考えられます。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

スポンサードリンク