会社設立ガイド

通帳の記入方法について

資本金の確認方法ですが、従来は銀行に
残高の証明書を発行してもらったりということが
行われていましたが、現在は法改正があり、
通帳のコピーで認めてもらえるようになりました。

 

まだ、会社の設立前ですので当然会社の通帳は
作ることができません。そのため
発起人の個人の通帳に資本金を入金します。

 

通帳記入の注意

 

入金する日付は定款の作成日以降でないと認めてもらえません。

 

上記同様、残高では認めてもらえません。

 

金額ちょうどでなくても、資本金以上が入っていれば大丈夫です。

 

名前が出ていなくても、入金がわかれば実務上認めてもらえます。

紛らわしいときはわかるように説明を書いておきましょう。

 

通帳コピーの方法

資本金を入金した通帳を名義がわかるように
表面と実際の入金面のコピーを取ります。
このコピーを「払い込みを証する書面」の添付資料として
ホチキスで留めて代表印で契印(割印)して提出することになります。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

スポンサードリンク