会社設立ガイド

融資を受けるのに目的が不足している

通常会社の目的を見られるときというのは
許認可事業でもない限りはなかなかありません。

 

目的に書いていないような事業を行うことは
違法行為になってしまいますが、現実的には
「前各号に附帯関連する一切の事業」という
文言を最後に入れるのが慣例となっているため、
まず問題となることはありません。

 

ただ、融資の場合に事業が目的から抜けて
いると良くない印象を与えるというケースがあるようです。

 

後から目的を追加すると税金のみでも
3万円の費用が発生します。
予めよく考えて目的を決定しましょう。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

スポンサードリンク