本店の住所は最後まで書く必要があります

本店の住所についてですが、
「〇〇県〇〇区までの最小行政区画にしてほしい」
と言うようなお話が何回かありました。

実は、この話は定款の本店と登記の本店所在地の話が
混同されています。

定款については、本店は「東京都〇〇区に置く」
と最小行政区画にすることが可能です。これは後々同じ市内・区内にて
移転が発生したときには、定款変更しなくてもいいというメリットがあります。

ただ、登記に関しては必ず〇〇号までは書かなければいけません。
マンション・ビル名は省略できますが、地番までは必須になります。

紛らわしい話ですが、本店の所在を隠すようなことは
登記上できませんので、ご理解お願いします。

会社設立はこちらからご依頼ください
→ 会社設立サポートネット


This entry was posted in 会社設立 and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.