目的は〇〇の経営、〇〇の運営 と書く

株式会社を作る場合、会社の目的は
何でも許されるというものではなく、一定の書き方が
存在します。

もちろん違法な内容等は論外ですが、通常の事業でも
事前に公証人の定款(目的等の重要事項を書いたもの)の
事前チェックが必須であるため、よくわからない内容を書いていると
口出しされる可能性があります。

×飲食店
×電気屋
×エステ

等がNGを出される可能性が高くなります。
これを
「飲食店の経営、電気屋の経営、エステの経営」
等〇〇の経営、運営等を付け加えると目的として認められる可能性が
高くなります。地域等のローカル性もありますので一概に断言はできませんが
ご参考にしていただければと思います。


This entry was posted in 会社設立 and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.