会社と事業主の金銭のやり取りには利息が発生

会社の設立当初に役員報酬を定めたとしても、
利益が出るかどうかわからない中で最初から
高い報酬を定めるわけにもいかず、会社から
事業主に対してお金を貸し付けるということも
出てくると思います。

役員報酬が固定である以上、足りない時には
やむをえない話です。
この役員への貸付ですが、きちんとした利息を
取る必要があります。オーナー企業、1人企業であったと
しても会社と個人は別形態です。
利息を取らないと、利息相当額が役員報酬と見なされて
税務上不利になってしまいます。

利息の計算方法は以下のうち利率が低い方を使用します。
銀行から借入のある場合:借入金の平均利率
その他:前年11月30日時点の日本銀行の商業手形の
 基準割引率(旧公定歩合)に年4%の利率を加算した料率。
 平成23年9月時点においては0.3%のため、4.3%。


This entry was posted in 法人化のデメリット and tagged , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.